スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

残酷なライヴハンドピッキング

スウェーデンのドキュメンタリー番組「カラファクタ」が、EUで本来は禁止されているグースのライヴ・ハンド・ピッキングの実態をレポートしました(放送日2009年2月1日)。カラファクタ


kallafakta.jpg

世界の3大ダウン生産国はハンガリーとポーランド、そして中国。
番組のレポートではEU圏ハンガリーの生産業者を取材していました。バイヤーと身分を偽った取材班が隠しカメラで捉えた映像は、
グースたちがキーキーとなきさけぶ中、ばりばりと全身の羽をむしりとり、裂けた皮膚を麻酔なしで太い針で縫ってます。羽をむしりとられたあとでも、逃げるために走り去る元気が残っているグースもいれば、ピクピクと痙攣しながらうずくまってるグースもいます。そのまま死ぬグースもいるでしょう。

さらに、レバーを効率よく生産するため、強制的にホースを鳥の口に突っ込み、特殊な栄養を与えていました。取材者(偽バイヤー)の前で、と殺して(首を引っこ抜いて)異常に大きくなった内蔵を見せていました。

ダウンの需要があまりにも高く、と殺した鳥からダウンを採取するのでは間に合わないのだそうです。また、より質の高いダウンをとるにはと殺後よりもライヴ・ピッキングのほうがよいそうです。
効率よくダウンを生産するため、生きているグースから全身の羽をむしりとり、羽が生え揃ってきたらまた採取、それが5回ほど繰り返され、そしてと殺されるそうです。EUでは禁止されているにもかかわらず、ライヴ・ハンド・ピッキングが多く実施され、ライヴピッキングは生産量の50%とも90%ともいわれています。

1つのダウンジャケットには約70羽分の羽毛が使われているそうです。

「グースは賢い鳥で、もちろん痛みも感じるし、ああやってキーキーないているのは助けを呼んでいるのです」とは、カラファクタの番組内で取材映像を見た獣医のコメントです。


「グースを助けてなくては」

番組を見た多くの人がそう思ったんでしょうね。放送の反響はとても大きく、放送後から ひどい動物虐待だ! ダウンはもう買わない! 実態を知ることでができてよかった、レポートしてくれてありがとう! などとネットに書きこむ人もいっぱいいて、別のテレビ番組でも出演者たちがダウンを買うのを止めよう! って訴えたり、ニュースは番組の反響を街頭インタビューや有識者の見解などと一緒に伝えています。スウェーデンはこれをきっかけにライヴハンドピッキング・ダウンのボイコット運動となっていくでしょう。国としては禁止されているものが行われているということでEUに提訴するようです。

番組内で、その生産業者から経由した製品が納品されていると電話取材を受けていた「オレーンス」は、
放送の翌日2009年2月2日に全店の全ダウン製品を撤去、今後はと殺されたグースから採取されたダウンという保障がされるまではダウン製品を販売しないことを決定、希望する客にはダウン製品の返金に応じるそうです(レシートが必要)。

10年以上前は何万円もしていたダウンジャケット。ところが近年は低価格化が進み、ユニクロで出している「プレミアムダウン」シリーズは7900円前後という破格の安さ。このプレミアムダウンジャケットシリーズはダウンを90%も含む質の高さが売りで、毎年大ヒットしています。

一方、北欧のスウェーデンでは冬が長く、その気候的な条件から、以前からダウン製品は生活の中に普及していたようです。ダウンソックスやダウンのふとん、枕はたいていのお店の寝具売り場で見かけます。これらはグース80%の高品質ではなく、カモの羽毛も多く含まれたものが多いようです。寒い土地柄、ダウンジャケットも多くの人が着ています。私も着ています。

ダウンがお店で売られているから私たち消費者は買うのですが、買う人がいるからどんどんいっぱい製造して売ろうってことになるわけで、やっぱり消費者が買わなくなることが一番効果的です。買ってしまったダウンは今からどうすることもできませんが、今できることは、ダウン製品を買うの止めること。食用でと殺されたグースやカモから採取したと品質表示している信頼できるものしか買わない、メーカーが採取法を説明ができないダウン製品は買わないという態度をとること。

ダウンのことは、ライヴ・ハンド・ピッキングについてちょっと問題になってるとは薄々知っていたんです。でも、以前ダウン製品を売ってる日本の会社のサイトでダウンの製造を紹介していて、「手作業で優しく羽毛を採取します」などと書いてあったのを読み、その表現からはあんな残酷なものはぜんぜん想像していませんでした。広い牧場でのどかに羊の毛をバリカンで刈ってるのに似たものだと勝手に想像していました(もちろんその羊のほうも、蝿蛆症への対策として、牧羊業者たちは羊に 対し麻酔も使わずにミュールシングというお尻の肉をそぐ手術をやっているのが問題になってますが・・・)。

毛皮産業の残酷さはよく知られていますが、ダウンについてはあまり取り上げられることはないのではないかと思います。スウェーデンでもこの番組のレポート以前は同じでした。

スウェーデンのライヴハンドピッキング・ダウンのボイコットを広がりを伝えてみたいと思ってこのブログを始めてみました。

今私が持ってるダウン製品、去年買ったユニクロのプレミアムダウン、スウェーデンに引越してきたときにデパートで買ったスウェーデンブランドのダウンジャケット、
初めてスウェーデンにきたときにその寝心地に感動してホテルで分けてもらったホテル仕様のダウン枕、雑誌「エル・インテリア・スウェーデン版」の定期購読を申し込んだときに特典として送られてきたダウンソックス、など。これらをいったいどうしたらいいものか・・・。各メーカーにダウンの生産方法をメールで確認したいです。

関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします!
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ


画像は番組カラファクタのサイトにあったものです。
ブログの文責は投稿者にあります。このブログはリンクフリーです。

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2009.02.03 | | コメント(15) | トラックバック(0) | ダウン告発番組

コメント

衝撃です

初めまして。
スウェーデンからの大変貴重な情報ですね!

毛皮の情報はたくさんありますが、
今まさに大流行のダウンの情報があまりなく、もどかしく思っていた所でした。
色々検索したのですが、企業ページに行きつくことが多く、やはりそこでは残酷なイメージなど全くありませんでしたので。

街を歩けばダウンジャケットばかりですが、そのフードに付いている毛皮ばかりに目がいっていましたが、ジャケットそのものにこれほどの現実があったなんて・・

1つのダウンジャケットには約70羽分の羽毛・・ですか。毛皮と同じく大量ですね。毛皮動物の様に、どの鳥も一度で死んでしまうわけではないでしょうが、羽毛採取・その後の処置の様子からして、生き地獄といった感じですね。

でも、この番組への反響が大きかったのは嬉しいですね。ネットだけでなくテレビでも、また、店にまで及ぶというのは、日本ではあまり考えられない気がしました。

ぜひぜひこの貴重な情報を、多くの方達に知って欲しいと思います!

私のブログで紹介・リンクさせて頂いてもよろしいでしょうか?

・・ところで、この映像はどこかで見られるのでしょうか?実は私、上記の画像をクリックするとビデオが始まるのかと(勝手に)思って、心の準備をしてから神妙に画像クリックしました・・!!記事からもその様子は十分伝わりますが、やはり本物の映像をしっかり見ておきたいと思いました。

2009/02/06 (金) 09:52:41 | URL | ray #- [ 編集 ]

rayさん、コメントありがとうございます
すいません、番組アーカイブのダイレクトなリンクじゃなくて番組全体のリンクだったのですいませんでした! 今、youtubeをとりあえず貼ってみましたので、よろしければ見てくださいませ。
投稿も少なくてスカスカなブログですが、リンクの件お願いします。ダウンのこと知っていただく機会になったら嬉しいです。


>色々検索したのですが、企業ページに行きつくことが多く、やはりそこでは残酷なイメージなど全くありませんでしたので。

本当にその通りですよね。私も以前企業ページを見たときは、ぜんぜん残酷な感じをうけませんでした。「手作業で丁寧に優しく」とかソフトに書いてあったので。もしかしたら、本当に手作業で優しく羽を手入れしてあげているように採取する生産業者もあるのかもしれないですけれど・・・。
日本のダウンジャケットの流行って、やっぱり値段が安くなっていることも要因でしょうね。

2009/02/07 (土) 22:59:06 | URL | swedengoose #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2009/03/10 (火) 09:14:31 | | # [ 編集 ]

需要と供給

 初めまして。私なりにこの問題を解釈してみました。
 まず初めに、食べるために鳥を育てていたとします。
しかし、羽毛がもったいない。そこで、布団に衣類に
枕にと使い始める。そうこうするうちに、羽毛が意外
な程の儲けをみせ、業者はもっと羽毛が欲しい、となる。
だがしかし、到底そんな量の鳥を育てる余裕はない。
なら肉にするサイクルを早めよう、となる。
 実際、3、4ヶ月と言われていますが、それさえも怪
しいと思います。あくまでも、私個人がですが。
 これは何故か。このページにダウンジャケット1枚に
70羽と記されています。これが本当だとすると。羽毛
を布団などに当てていて、もともと肉をいただくために
育て始めた程度の鳥の量で追いつくはずが無い!
 ではどうすれば良いのか。需要と供給をはかるしか
ないかと思います。
 食肉の為に鳥を育てている業者。彼らにおいては、
布団製作目的での羽毛販売を禁ず。が、しかし、ジ
ャケットなどの衣類に関しては認める。(あえてで
す。不満が爆発せぬように。)
 それじゃあ布団は?となります。これに当てる布団
は、羽毛を得る鳥の卵を得るために育てている鳥、
いわゆるマザーグースのみに絞ります。そうすれば
少なくとも、上の映像みたいに、ネタ欲しさにわざと
らしい映像を金で作る連中もいなくなるはず。この
映像、いくらなんでも「わざと」過ぎるんです。殺した
鳥をあんな風にほらないし、ご飯の与え方もわざと
過ぎる。起こっているとしたら、やはり鳥が肉にされる
サイクルが羽毛の為に早くなるという事などがあると
思います。
 私はグースやらアヒルやら、大好きです。見付けた
らまずかまいにいきます。携帯で動画とっちゃいます
ね、男ですが。可愛いです!!
 でも、やはりその国々の食文化がありますよね。
なのでホエールウォッチングの質うんぬんの為に
クジラ食うなとかいうお方たちには、クジラが日に
マグロとかどんだけ食って、数だっている種類な
ら何十万といるんだけど?何が言いたい金儲け
主義と言いたいです。鳥もそういう中の一つで、
私たちが食文化をとやかく言うわけにはいかない、と。
 ならばやはり、食肉の鳥からは、衣類にしか許可
しない。布団など一定量を越える羽毛使用のもの
は、その羽毛の品質を保証するとともに、その目的
のみのために育てるように仕向ける。
 この為に我々消費者がすべき事と言えば、ダウン
ジャケットにマザーグース等の高級羽毛を使用した
ものは徹底的に拒否し、ジャケットは、ダウンに安価
な羽毛を使用しているものを選んで購入する。
 布団には、やはりプレミアムゴールドラベルで、か
つ羽毛はマザーグースのみであるというものを購入
する。原価は大体、12万から20万ほどと書いてい
て、販売価格は、私的見解では5万以上くらいから信
用できるかな、という具合。
 なにがしたいのかって、布団は高級なものを使い、
殺して得ているような羽毛を使った安物は蹴るという事。
必ず羽毛の質と値段に出ると思います――殺している
かいないか。そんな殺してとったような羽毛、決して高く
は売れません。買い手もコストパフォーマンスを求める
はず。だからこその布団高級志向なわけです。
 でも、これだけだと業者の生活がなりたたなくなったり
という事になります。結果、グース虐待などは、やらせ
ではなく、現実に起こってしまう可能性があります。
そこで、です。
 あえて安物のジャケットなど衣類は購入した方が良い
かもしれないと考えています。そうすれば、業者は収入
は落ちるものの、ジャケットなどが売れることで補えるか
な、と。
 時が流れれば、「肉の為に育てた鳥の布団は売れず、
需要がない」となり、自然に衣類のみに使われるかと。
 全くもって私的見解で、もしかすると不愉快な部分も
あったかもしれませんが、今は食肉になり天国に行っ
たであろうグース達が、いまだに毎日自分を暖かく包ん
でくれることに感謝する、一人のアヒルとかダチョウ好き
の意見とお受け取り下されば幸いです。彼らは本当に
可愛いです。だから、自分で布団を初めて購入する際
は、絶対にその布団の質・価格に妥協はしないでおこう
と思っています。また私事ですね!失礼いたしました。
それでは。

2009/10/28 (水) 23:45:30 | URL | グース #- [ 編集 ]

はじめまして。

羽毛についての記事をお知らせいただいてありがとうございます。

最近毛皮についての事実を初めて知る機会がありました。
中国の毛皮工場では、タヌキやキツネを大量に殺して皮を剥ぐという残酷な現実があります。

今まで知らなかった自分が恥ずかしいですが、これから自分にできることは何かを考え、一刻も早くこんな悲しいことがなくなることを願っています。

そして羽毛のことにも目を向けてみると、そこにも信じられない事実がありました。
羽毛は布団やジャケットなどで、私たちに馴染みのあるものだと思います。でもこの現実をどれだけの人が知っているのでしょうか・・・。

もっと多くの人に知っていただくために、私のブログにリンクしてもよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。

2010/05/09 (日) 20:59:26 | URL | chie #rSk2F6NA [ 編集 ]

ダウンのレポート

大変貴重な情報を教えて頂きありがとうございます。私のブログに記事をリンクさせて頂きましたので、ご確認下さい。

2010/10/30 (土) 00:03:36 | URL | アニマルライツ #XZ039GEA [ 編集 ]

はじめまして

2009年の記事ですが、その後、日本国内で、良い方向に進展したりとかあるのでしょうか?
ノーファー運動についても最近知ったばかりです。
ダウンは?と検索したところ、こちらに辿り着きました。
生きていない鳥から採取したダウンというのは、
その鳥は、自然死ではなく、素材にするために殺されたものでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありません。
細々とブログをしているのですが、
良かったら転載させて下さい。

よろしくお願いいたします。

2011/09/22 (木) 13:54:08 | URL | ピマ #- [ 編集 ]

ちょっと考えればわかることなのに

知らなかったでは済まされない。本当に申し訳ない。

2011/10/04 (火) 01:30:40 | URL | いながき #OR1NPY2w [ 編集 ]

そうですよね

本文中にあるとおり、ダウンの価格が2000年代にはいり、異常に下がっていますよね。
異常と言うより異様。ユニクロなど低価格量販店では5000円、、いや3000円以下でダウンが売られ、それでも山のように売れ残っている状態です。このダウン製品の量、そして低価格。フォアグラがそんなにたくさん市場に出回っているでしょうか?とんでもない。
ダウン製品のためだけに鳥が虐待されている。それは、この現状を数秒でも考えればでる結論です。

2012/01/25 (水) 02:26:57 | URL | グローバル化という最低な資本主義 #mkW9Q6RQ [ 編集 ]

ダウンは要らない

ダウンを着たり買ったりすることが怖くなりました。貴重な情報ありがとうございます。

しかし、フリーエリアに紹介してあるヘリーハンセンのダウンもファーを生きたまま剥いでつけたものでは?
と思いました。

2012/02/26 (日) 18:37:12 | URL | #9yMhI49k [ 編集 ]

まず、そのスウェーデンの番組の情報がヤラセです。ライブプラッキングするジプシーに酒を飲ませてお金をちらつかせてやらせたんですよ。
動物愛護団体はそうやって騒ぐだけ騒いでお金を集めて自分たちは高級ホテルのスイートに泊まり、フォアグラ等の高級料理を食べてる訳です。

2012/06/26 (火) 08:39:27 | URL | #cMnBD31A [ 編集 ]

Re: タイトルなし

上のようなコメントも来ましたが、承認してそのままアップしておきます。

2012/06/26 (火) 15:56:20 | URL | swedengoose #- [ 編集 ]

ダウンジャケット販売=動物虐待企業

最近多くの企業がダウンジャケットを販売し、どれだけの動物が犠牲になっているのだろうと気になっていました。
ユニクロの柳井会長もイオンの岡田社長も倫理観は全くなく、金儲けのことしか頭にないですからね。
自分達(購入者も含めて)のせいで多くの動物が苦しんでいることは自覚してほしいです。

2012/10/15 (月) 22:57:07 | URL | qua #- [ 編集 ]

興味深く記事を読ませていただきました。
私はグースの犠牲と魚や牛や豚の犠牲の残酷さの違いがわからないので正直あまりピンときませんでしたが、多すぎる需要に対して過剰に製品を作らなければ行けないという状況で、禁止されているライブ・ピッキングが横行しているのが問題だと考えます。重要なのは、経済の問題と倫理の問題を履き違えては行けないということではないでしょうか。私は鳥が死ぬことによって冬のぬくもりが得られることを鳥達に感謝しますが、ぬくもりを我慢することはしません。自分の生活より犠牲となった生き物を優先する態度は、資本主義である日本を否定することです。そういった態度を本気で貫くなら海外で生活するべきでしょう。ユニクロのダウンを着ていることがきっかけで友達などとこういった議論ができたらよいですね。

2012/11/27 (火) 15:20:52 | URL | ゆびき #zbdOSCmw [ 編集 ]

わざわざ動物を殺さなくても、食料も衣料も余り余っています。ビーガンになって、健康的にオシャレや食事を楽しみましょう!

2014/03/15 (土) 07:46:46 | URL | ビーガンロッカー #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

ランキング参加中です

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
人気ブログランキングへ

プロフィール

swedengoose

Author:swedengoose
2009年2月、スウェーデンのドキュメンタリーTV番組が、ダウン生産の実態についてレポートしました。EUでは禁止されてるはずの、生きている鳥からバリバリと羽毛を剥ぎ取って、麻酔なしで裂けた皮膚を針で縫い合わせ、羽毛が生えたらまた剥ぎ取るという残酷な生産方法が、東欧や中国で横行しているという告発番組でした。1着のダウンジャケットには70羽分の羽毛が使用されているそうです。

毛皮の残虐性は有名だけどダウンってどうなってるのかと検索して、
このページにたどり着いてくださる方が多いようです。

ダウンの情報はまだまだ少ないようなので、ブログは更新していませんが、このまま残しておこうと思います。
このブログはリンクフリーです。
怠け者の管理人で申し訳ありません。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

最新トラックバック

FC2カウンター

投票フォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。