スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

地方のホテルレストラン事情

先日、スウェーデンの某地方に行きました。
ホテルに2泊しましたが、混雑する休暇シーズンのためなのか、普段もそうなのかわかりませんが、
ホテルのレストランの食事は、お客さん全員に同じメニューを提供するということでした。

宿泊1日目。レストランに予約に行くと、晩ご飯は前菜のサラダ+メインディッシュはポークということでした。
「私はポークを食べないので、魚か野菜料理にしてもらえませんか?」というと、
ウェイター長らしい人がコックさんに相談にいき、
「今日は混雑しているので、対応できません」とのこと。
「じゃあ前菜のサラダをメインディッシュにアレンジしてくれますか?」と聞いたら、可能だということ。
このときの私のイメージ像は、「野菜てんこ盛り+ゆでジャガイモ」みたいのやつ。

時間の予約をして、3時間後にパートナーと再びレストランに。
ウェイトレスさんが私とパートナーに同じ前菜を持ってきました。
食べ終わると「あなたはメインディッシュは食べないんですよね」と確認に来ました。
「いえ、そうじゃなくって、私はポークを食べないので、前菜をメインディッシュにアレンジ
してくださいって頼んだんですけど」
「同じサラダをもう1皿食べたいってことですか?」
「いえ。。。他になにか方法はないですか?」
「相談してきます」

コックさん登場。
「なにがご希望ですか?」
「私はポークを食べないので、なにか他の方法はありますか?」
「じゃあ魚を用意しましょうか?」
「はい、お願いします」

ということで、すったもんだした挙句、無事にスチームの鮭をいただくことができました。

ストックホルムはどんなレストランでも必ず肉料理のほかに、魚か野菜の料理があるので困ることはありません。

地方にいくと、まだ事情が違うんだなぁという経験でした。
ちゃんちゃん。

スポンサーサイト

2011.04.26 | | コメント(1) | トラックバック(1) | 暮らし

ブログタイトル変えました

こちらがブログ最初の投稿。ダウン告発番組の件です。
EUでは禁止されてるはずの、生きている鳥から羽毛を剥ぎ取って、麻酔なしで裂けた皮膚を針で縫い合わせ、羽毛が生えたらまた剥ぎ取るという残酷な生産方法が隠れて東欧や中国で横行しているという告発番組でした。


長い間、「グースブログ(仮)」のまま放置していたブログタイトルを
「ダウンジャケットの真相」に変えてみました。
すごく大げさな名前なんですけど、
検索のときなどにわかりやすいかも?と思いまして。

毛皮の残虐性は有名だけどダウンってどうなってるのかと検索して、
このページにたどり着いてくださる方が多いようです。

ダウンの情報はまだまだ少ないようなので、
ブログは更新していませんが、このまま残しておこうと思います。
このブログはリンクフリーです。

今後ともどうぞよろしくお願いします。
怠け者の管理人で申し訳ありません。

ブログランキングに参加しています。一人でも多くの方に、EUでは禁止されている生きているグース鳥から羽をむしりとる残酷なダウン製造を知っていただくためにも、関心を持ってくださった方はポチをお願いします。1日につき1回の投票が有効です。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

2011.01.20 | | コメント(5) | トラックバック(1) | そのほか

生きてる牛に火を点けるフェスティバルって。。。?

225497-1253616448-main.jpg

知りませんでした。生きてる牛の角に火を点けるサディスティックなお祭りがあるなんて。
角に可燃物をつけて点火するので、牛は火傷を負い、パニックになって走り回るのだそうです。
それを人間が見て楽しむのでしょうか? 

スウェーデンからも反対署名がたくさん集まっているようです。
こちらのサイトから反対署名をおくれます。画像はここからとってきました。

Stop Toro Júbilo!

2010.09.29 | | コメント(2) | トラックバック(0) | そのほか

コメントありがとうございます

ブログを更新しておりませんが、
ダウンジャケットの検索などから、ときどき訪れてくれる方がいるようなので、このまま残しておきます。
また、放置中にもコメントをいただき、どうもありがとうございます。

---

スウェーデンは秋も深まり、葉っぱも紅葉し始めました。
そろそろダウンジャケットが恋しくなる季節です(ちょっと早い?)。

このTVの報道を見て、自分なりに考えてみましたが、
すでに買ってしまっているダウンの服は処分せずに、そのままもっています。
ゴミとして捨てるのは、犠牲になった命を思うと、それも違うのではないかと思うからです。
リサイクルに出すというのは有意義ですが、
自分は使いたくないから別の人に着てもらうって、
責任を転嫁して逃げている?ような気もしたりします。。。難しいですね。

スウェーデンでは、2009‐2010年の冬はとても寒かったので、持っているダウンの服を着ました。
-18度の日なんかもあったと思います。
そんなときも凍えずに通勤できたのは、鳥たちの犠牲のおかげだと、改めて感謝し、
ダウンがなくては、寒がりの私は冬を越せないと思ったりもしました。

ただ、新たにダウン製品を買うのはしていません。
今持っているもので十分です。多少流行がかわったり、ほころびができても、リフォームして使い続けていきます。

ユニ○ロも毎年大量の中国製ダウン製品を販売していますが、やめてほしいし、
宣伝にのせられて買わないように、自分も気をひきしめていきたいです。

---

ブログランキングに参加しています。一人でも多くの方に、EUでは禁止されている生きているグース鳥から羽をむしりとる残酷なダウン製造を知っていただくためにも、関心を持ってくださった方はポチをお願いします。1日につき1回の投票が有効です。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

2010.09.22 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 未分類

豚を生きたまま煮るSCAN社

今度は、生きてる豚を煮て加工しているという大手メーカーSCAN社のスキャンダルが発覚。

自身では豚肉は食べないけど、そんなお肉がスーパーで売られてると思うと・・・ひどい、ひどい以外言いようがない。いったいこの国はどうなってるんだ、スウェーデン!

恐ろしくてなにもいえません。

SCANの豚肉は日本にも輸出されてるはず。日本のみなさん、ボイコットしてください、ぜひ。

METRO記事

ブログランキングに参加しています。一人でも多くの方に、EUでは禁止されている生きているグース鳥から羽をむしりとる残酷なダウン製造を知っていただくためにも、関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします。1日につき1回の投票が有効です。どうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村

2009.03.19 | | コメント(3) | トラックバック(0) | SCAN豚肉スキャンダル

グース虐待をしないことをポリシーにして実行しているメーカー

番組サイトで、各メーカーの仕入れ業者やポリシーを番組がリサーチしたリスト(スウェーデン語)が公開されました。
カラファクタ・メーカー調査リスト

Canada Goose(カナダのメーカー)とHelly Hansen (ノルウェーのメーカー)は生きているグースからのダウンを使わないことをポリシーとし、独立した調査により生きている鳥からの羽毛ではないことを保証し、仕入れ業者の名前も明らかにしていました。
Canada Gooseはとっても高いですが、暖かいだけじゃなくて、グースを虐待をしない配慮していることが値段に跳ね返ってきてるってことでしょうか。日本のサイトを見たら、ぜんぜんそういうことは書いてなかったのですが、もっと宣伝すればいいと思うのですが。そうすれば他のメーカーへの刺激にもなりますし。

日本でもスウェーデンでも人気があるNorth Faceは、「生きているグースからのダウンを使わない」というポリシーすらないそうです。

ブログランキングに参加しています。一人でも多くの方に、EUでは禁止されている生きているグース鳥から羽をむしりとる残酷なダウン製造を知っていただくためにも、関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします。1日につき1回の投票が有効です。どうぞよろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ 北欧情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村


「生きてる鳥から羽をむしりとったダウン製品、どう思いますか?」の投票フォームを設置してみました!






テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2009.02.09 | | コメント(3) | トラックバック(0) | ダウン告発番組

ダウン告発番組その②

今日(2009年2月8日)は番組のパート2・中国のレポートが放送されました。

キツネロゴでお馴染みの(日本ではあんまり知名度ないかも?)、フィヤールレーベン。登山などアウトドア・ユースでも使える本格的なダウンジャケットや寝袋、リュックサックが人気を集めているスウェーデンのメーカーです。そこにダウンを卸している中国の会社に、番組がバイヤーと偽って取材していました。本当は生きているグースから羽毛を採取したダウンでも「と殺したグースからのもの」という書面を発行できる、というやりとりが。エー!! そして、テレビはさらにスウェーデン人のフィヤールレーベンの社長にインタビューし、社長は「と殺後のグースから採取した」とか書いてある文書を見せてるんですが、取材班は隠しカメラでその会社が「生きてる鳥からとったものでも、と殺後のものという文書を発行できる」って言ってるのを撮ってるんで、ぜんぜんその文書(しかも文書の日付は2日前だって)はアテにならないっていう・・・。

中国には、生きている鳥から羽を採取することを禁止する法律がないそうです(EUでは禁止されているそうです)。中国ダウン協会(?)みたいなところにも取材していたのですが、そこでは「中国で生きている鳥から羽を取っているというのはウワサに過ぎません。それは動物虐待です。そんな残酷なことはしません」みたいなことを答えていました。そう言ってても、法律で禁止されてないのはなぜ?

イケア&イケアの中国の仕入先の取材もでてくるんですが、長くなるので手短に。イケアはダウン製品の枕や布団を販売していて、HPでは「生きている鳥から採取しらダウン製品は販売していません」と書いていたそうなのですが、実際には中国の仕入れ先が生きているグースから羽毛をとってることを番組がレポート、最初は逃げ腰だったんですが、最終的には「不快に思うお客さんには返金します」という態度に変わりました。

私はピーク・パフォーマンスというスウェーデンの会社のダウンジャケットを持っているので(ユニクロのも持ってます)
「どうやって羽毛を取ったものか知りたい、生きてるグースから取ったものなら着たくないので返事をください」ってメールしたのですけど、返事はまだ来てません。今日の番組の最後に、生きているグースから取ったダウンを使っていると疑われるスウェーデンの企業を公表していたんですが、その中には入っていませんでしたが。

とりいそぎ手短に投稿しました。


ダウンに関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします!
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2009.02.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ダウン告発番組

youtubeのリンク

残酷な映像が含まれていますのでご注意ください。
番組の中からとった2分弱の映像がyoutubeにアップされています。



ダウンに関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします!
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ

2009.02.07 | | コメント(3) | トラックバック(0) | ダウン告発番組

ダウンジャケット

今日、昼間の外気温はマイナス1度くらいで、そんなに寒くはないです。
ババシャツ、厚手のタートルネックセーター、外がコットンで中がボアのジャケット(秋用として着てた)+ジーンズ、ハイソックス、ブーツ+裏地つきの手袋で外出した。
感想・やっぱり寒かった。
H&Mのジャケットはあったかボアは身頃にしかついてなくてソデにはボアがないのが原因だ。ソデにもちゃんとボアをつけてほしい。自分で縫いつけようかな。

バスの乗客の服をチェックしてみた。

始発から乗ってきた人 39人
そのうちダウンジャケットを着てた人 11人
毛皮のコート 1人

次のバス停で乗ってきた3人のうちでダウンを着てたのは2人。

トータル42人中、ダウンの人13人、毛皮の人1人。

そのダウンの中で、高価なカナダグースロゴ入りダウンを着てた人が2人。毛皮はミンクらしい茶色のコート。おばあさんが着てました。でも普通はバスとか電車に乗ったとき毛皮着てる人はめったに見ないので、これは例外。

ふだんは街の人たちがどんなジャケット着てるかって気にして見ていなかったので、この数が少なくなったとか変わってないのかとか、ぜんぜん感想がもてないのが残念。


ダウンに関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします!
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2009.02.05 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 暮らし

残酷なライヴハンドピッキング

スウェーデンのドキュメンタリー番組「カラファクタ」が、EUで本来は禁止されているグースのライヴ・ハンド・ピッキングの実態をレポートしました(放送日2009年2月1日)。カラファクタ


kallafakta.jpg

世界の3大ダウン生産国はハンガリーとポーランド、そして中国。
番組のレポートではEU圏ハンガリーの生産業者を取材していました。バイヤーと身分を偽った取材班が隠しカメラで捉えた映像は、
グースたちがキーキーとなきさけぶ中、ばりばりと全身の羽をむしりとり、裂けた皮膚を麻酔なしで太い針で縫ってます。羽をむしりとられたあとでも、逃げるために走り去る元気が残っているグースもいれば、ピクピクと痙攣しながらうずくまってるグースもいます。そのまま死ぬグースもいるでしょう。

さらに、レバーを効率よく生産するため、強制的にホースを鳥の口に突っ込み、特殊な栄養を与えていました。取材者(偽バイヤー)の前で、と殺して(首を引っこ抜いて)異常に大きくなった内蔵を見せていました。

ダウンの需要があまりにも高く、と殺した鳥からダウンを採取するのでは間に合わないのだそうです。また、より質の高いダウンをとるにはと殺後よりもライヴ・ピッキングのほうがよいそうです。
効率よくダウンを生産するため、生きているグースから全身の羽をむしりとり、羽が生え揃ってきたらまた採取、それが5回ほど繰り返され、そしてと殺されるそうです。EUでは禁止されているにもかかわらず、ライヴ・ハンド・ピッキングが多く実施され、ライヴピッキングは生産量の50%とも90%ともいわれています。

1つのダウンジャケットには約70羽分の羽毛が使われているそうです。

「グースは賢い鳥で、もちろん痛みも感じるし、ああやってキーキーないているのは助けを呼んでいるのです」とは、カラファクタの番組内で取材映像を見た獣医のコメントです。


「グースを助けてなくては」

番組を見た多くの人がそう思ったんでしょうね。放送の反響はとても大きく、放送後から ひどい動物虐待だ! ダウンはもう買わない! 実態を知ることでができてよかった、レポートしてくれてありがとう! などとネットに書きこむ人もいっぱいいて、別のテレビ番組でも出演者たちがダウンを買うのを止めよう! って訴えたり、ニュースは番組の反響を街頭インタビューや有識者の見解などと一緒に伝えています。スウェーデンはこれをきっかけにライヴハンドピッキング・ダウンのボイコット運動となっていくでしょう。国としては禁止されているものが行われているということでEUに提訴するようです。

番組内で、その生産業者から経由した製品が納品されていると電話取材を受けていた「オレーンス」は、
放送の翌日2009年2月2日に全店の全ダウン製品を撤去、今後はと殺されたグースから採取されたダウンという保障がされるまではダウン製品を販売しないことを決定、希望する客にはダウン製品の返金に応じるそうです(レシートが必要)。

10年以上前は何万円もしていたダウンジャケット。ところが近年は低価格化が進み、ユニクロで出している「プレミアムダウン」シリーズは7900円前後という破格の安さ。このプレミアムダウンジャケットシリーズはダウンを90%も含む質の高さが売りで、毎年大ヒットしています。

一方、北欧のスウェーデンでは冬が長く、その気候的な条件から、以前からダウン製品は生活の中に普及していたようです。ダウンソックスやダウンのふとん、枕はたいていのお店の寝具売り場で見かけます。これらはグース80%の高品質ではなく、カモの羽毛も多く含まれたものが多いようです。寒い土地柄、ダウンジャケットも多くの人が着ています。私も着ています。

ダウンがお店で売られているから私たち消費者は買うのですが、買う人がいるからどんどんいっぱい製造して売ろうってことになるわけで、やっぱり消費者が買わなくなることが一番効果的です。買ってしまったダウンは今からどうすることもできませんが、今できることは、ダウン製品を買うの止めること。食用でと殺されたグースやカモから採取したと品質表示している信頼できるものしか買わない、メーカーが採取法を説明ができないダウン製品は買わないという態度をとること。

ダウンのことは、ライヴ・ハンド・ピッキングについてちょっと問題になってるとは薄々知っていたんです。でも、以前ダウン製品を売ってる日本の会社のサイトでダウンの製造を紹介していて、「手作業で優しく羽毛を採取します」などと書いてあったのを読み、その表現からはあんな残酷なものはぜんぜん想像していませんでした。広い牧場でのどかに羊の毛をバリカンで刈ってるのに似たものだと勝手に想像していました(もちろんその羊のほうも、蝿蛆症への対策として、牧羊業者たちは羊に 対し麻酔も使わずにミュールシングというお尻の肉をそぐ手術をやっているのが問題になってますが・・・)。

毛皮産業の残酷さはよく知られていますが、ダウンについてはあまり取り上げられることはないのではないかと思います。スウェーデンでもこの番組のレポート以前は同じでした。

スウェーデンのライヴハンドピッキング・ダウンのボイコットを広がりを伝えてみたいと思ってこのブログを始めてみました。

今私が持ってるダウン製品、去年買ったユニクロのプレミアムダウン、スウェーデンに引越してきたときにデパートで買ったスウェーデンブランドのダウンジャケット、
初めてスウェーデンにきたときにその寝心地に感動してホテルで分けてもらったホテル仕様のダウン枕、雑誌「エル・インテリア・スウェーデン版」の定期購読を申し込んだときに特典として送られてきたダウンソックス、など。これらをいったいどうしたらいいものか・・・。各メーカーにダウンの生産方法をメールで確認したいです。

関心を持ってくださった方はぜひポチをお願いします!
にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ


画像は番組カラファクタのサイトにあったものです。
ブログの文責は投稿者にあります。このブログはリンクフリーです。

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

2009.02.03 | | コメント(15) | トラックバック(0) | ダウン告発番組

«  | ホーム |  »

ランキング参加中です

にほんブログ村 その他ペットブログ 動物愛護(アニマルライツ)へ
人気ブログランキングへ

プロフィール

Author:swedengoose
2009年2月、スウェーデンのドキュメンタリーTV番組が、ダウン生産の実態についてレポートしました。EUでは禁止されてるはずの、生きている鳥からバリバリと羽毛を剥ぎ取って、麻酔なしで裂けた皮膚を針で縫い合わせ、羽毛が生えたらまた剥ぎ取るという残酷な生産方法が、東欧や中国で横行しているという告発番組でした。1着のダウンジャケットには70羽分の羽毛が使用されているそうです。

毛皮の残虐性は有名だけどダウンってどうなってるのかと検索して、
このページにたどり着いてくださる方が多いようです。

ダウンの情報はまだまだ少ないようなので、ブログは更新していませんが、このまま残しておこうと思います。
このブログはリンクフリーです。
怠け者の管理人で申し訳ありません。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

最新トラックバック

FC2カウンター

投票フォーム

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。